24時間365日フルマネージドホスティングサービスのデイーネット

OMSAでストレージを検出できない問題について

みなさんこんにちは。サーバの構築業務を担当している川合です。

今回は、先日投稿した記事のその後についてのお話になります。

※前回の記事※
CentOS7.5系でOMSAのアップデートに失敗する問題について
(http://www.denet.ad.jp/technology/2018/06/centos75omsa.html)


先日OSのアップデートを実施して、CentOS7.5系にアップデートしました。

サーバの状況を確認しようと内容を確認したところ、ストレージコントローラを
認識できていない状態でしたので調べた内容のご紹介となります。

前回同様、一時的な対応ですのでご注意下さい。

概要

Dell社製の物理サーバにCentOS7.5とOMSA9.1をインストールしています。

前回の記事にてご紹介した特定のパッケージを除外して
OSのアップデートを実施してCentOS7.5にアップデートしています。

その後、OMSA関連の動作を確認したところサービス起動時にエラーが出ていたり
一部サービスが起動していない・ストレージコントローラを認識できない問題が発生していました。

今度は、そのエラーを解決して正常にストレージコントローラを認識できる
エラーなくサービスを起動できるようにした方法のご紹介です。

現象確認

まず、OMSAのサービスを再起動してみたところ以下のエラーが出力されていました。

/opt/dell/srvadmin/sbin/srvadmin-services.sh restart
*** Error in `/usr/sbin/smbios-sys-info-lite': free(): invalid pointer: 0x0000000000634460 ***

dataeng.service
dsm_om_shrsvc.service

この2つのサービスが起動できない状態でした。

omreport コマンドを実行するとストレージコントローラーを認識できず状態を確認できません。

omreport storage controller
No controllers found

作業内容

色々と調査すると、前回アップデートの際に除外していたパッケージ周りが影響しているようでした。
※OSアップーデート後に個別にアップデートは実施してあります

libsmbios
smbios-utils-bin

この2つのパッケージをOS標準ではなく、epelリポジトリのパッケージに変更することで解決することができました。


まず、OMSA関連のパッケージは先に一度削除しておきます。

yum remove srvadmin*

その後、smbios関連のパッケージも一度削除します。

yum remove smbios-utils-bin
yum remove libsmbios

これで関連パッケージの削除が完了しましたので、新しくインストールし直します。

yum install epel-release

※リポジトリが未追加の場合
 追加後、リポジトリは無効化しておきます

yum install --enablerepo=epel libsmbios smbios-utils-bin
yum install srvadmin-all

これで入れ直し作業が完了です。

あとは、OMSA関連のサービスを起動してみて
エラーなく起動すること
ストレージコントローラを認識できること が確認できれば作業は終了になります。

まとめ

CentOS7.5系が公開になり、7.5系を利用することが多くなりましたがOMSAを利用する場合には注意が必要です。

今回は暫定的な対応により、正常動作する形に修正した内容になります。
新しいバージョンだとOS標準のパッケージで動くこともあるかもしれませんので、そのあたりの動向は確認していきたいと思います。

  • このページの先頭へ

  • 東京本社
    〒105-0001東京都港区虎ノ門2-3-22 第一秋山ビル5F
    TEL:03-3591-8887 FAX:03-3591-8886
  • 大阪本社
    〒541-0041 大阪市中央区北浜2-6-11北浜エクセルビル5F
    TEL:06-6231-8887 FAX:06-6231-8897

  • 認証範囲はこちらをご覧ください。

Denet logo

クラウドサービス・データセンタ・高機能専有サーバ・共有サーバホスティングサービス 株式会社ディーネット
dot_bar