24時間365日フルマネージドホスティングサービスのデイーネット

Pleskライセンスの管理について

Tヨシダです。

母親にiphoneをプレゼントしようとして、Suicaの設定をしたのですが、果たして使えるだろうか・・・。

4月からのPleskのライセンス料金が値上がりに伴いまして、現在当社で管理しているPleskライセンスの整理をしたので、その情報をまとめておきます。
(文字ばっかりですみません。)

Pleskのライセンス管理はややこしいなと思っていましたが、コツを覚えると早いです。

Plesk使って、AWSやニフクラなどのクラウド上で、WEBサイト制作のプラットフォームを持ちたい、またはホスティングサービスを展開したい方はご相談ください。

当社もextremeserv.という共有ホスティングサービスをコンテナ型(OpenVZ系ですね)で提供しており、ノウハウはある方ですので。

最近のPleskは各ドメインごとのリソース制限も自由にできるので、かなり使い勝手が良くなっていますよ。


■Plskライセンスのポイント

  • Pleskのライセンスは買い切りライセンスと、月額リースライセンスがある。
  • 買い切り版は、年度ごとにSUS(Software Update Service)を購入しないと、Pleskのメジャーアップデートはできない。これは毎年更新しておかないと、遡って支払をしないといけない。継続して利用するなら月額リースよりも格安で利用できる。(当社が提供するのは基本的に月額リースライセンスです)
  • ライセンスには親子関係がある。例えば『Antivirus Powered by Kaspersky』は、Pleskの親ライセンスに紐付いた子ライセンスになる。
  • ライセンス番号(PLSK.12345678.1234など)の後ろの4桁(.1234)の番号は勝手に変わるので、管理する場合は、はじめのPLSKの部分(ものによっては、EXTやKAVになる)+数字8桁(12345678)の部分で管理表とか作ると良い。
  • 費用が発生しているライセンスの中身は、該当ライセンスのSKU(プロダクトIDのようなもの)をパートナーセントラルというPleskが提供しているコントロールパネルでチェック。
  • DNSSECなどバンドルで勝手に発行される無償製品ライセンスがある。
  • LanguagePackは、PLSK.12345678.1234のようなライセンス番号は発行されず、親ライセンス内にSKUとして発行される。LanguagePackを利用しているかどうかは、パートナーセントラルのPLSKで始まるPlesk親ライセンスのページに移動し、『その他』⇒『SKUを表示』で確認することができます。
  • 今後、Plesk11以前にあったライセンスは全てPlesk12/Onyx用ライセンスに統合される。(例:Plesk 10 Dmns Lnx Mthly ⇒ Plesk Web Admin Edition Mthlyという感じです)
  • 2018年4月から、一部ライセンスが値上げ。ご注意を!

最近のPlesk Onyxでは、Cgroups Managerがあったり、ホスティングが随分簡単にできる時代になってきたなと思います。
オペレータレベルで提供できますよね。

それでは!

  • このページの先頭へ

  • 東京本社
    〒105-0001東京都港区虎ノ門2-3-22 第一秋山ビル5F
    TEL:03-3591-8887 FAX:03-3591-8886
  • 大阪本社
    〒541-0041 大阪市中央区北浜2-6-11北浜エクセルビル5F
    TEL:06-6231-8887 FAX:06-6231-8897

  • 認証範囲はこちらをご覧ください。

Denet logo

クラウドサービス・データセンタ・高機能専有サーバ・共有サーバホスティングサービス 株式会社ディーネット
dot_bar