24時間365日フルマネージドホスティングサービスのデイーネット

[技術ブログvol.39] RDSのタイムゾーンについて

はじめに

この記事の公開前日に、RDSのタイムゾーンが変更できるリリースの発表がありました(汗)

Release: Amazon RDS on 2015-12-21

このリリースにより、MySQL5.5と5.6、MariaDBについては、パラメーターグループのtime_zoneの設定を変更することで、タイムゾーンを変えることができるようになりました。

MySQL5.1を利用したい場合は、下記の方法でタイムゾーンを修正することができます。

概要

RDSはデフォルトでUTCのタイムゾーンが利用されています。
これはMulti-AZ間(AvailabityZone間)の通信を統一するため、タイムゾーンにこのような設定がはいっています。タイムゾーンがAZ間で異なるとレプリケーションが正常に行えないから当然と言えば当然です。

ですので、RDSインスタンスにログインし、select now()などの現在の時刻表示コマンドを実施した場合、UTCの時刻が返ってきます。

EC2は容易にJSTに変更することが可能のため、EC2とRDS間にてタイムゾーンの差異が発生し、利用が不便になったりアプリとの連携がうまくいかなかったりする場合があると思います。

今回はRDSをUTCではなくJSTにて利用できるように、RDS側のパラメータを変更します。

RDS01.JPG

上記図は、EC2とRDS(Multi-AZ)を利用した際の環境例です。

パラメータ設定

プロシージャ作成

RDSへログインし下記コマンドにてプロシージャを作成します。
プロシージャの内容はrdsadminがカレントユーザでない場合に、JSTになるように設定を記載しています。
rdsadminはRDSの各機能を利用する上で必要なユーザとなっており、本ユーザがMulti-AZ間で通信を行っています。
rdsadminを除外する理由は上記[概要]にて説明しているとおりレプリケーションが正常に行えないことを防ぐためです。

mysql> DELIMITER |
mysql> CREATE PROCEDURE {プロシージャ名} ()
mysql> IF NOT (POSITION('rdsadmin@' IN CURRENT_USER()) = 1) THEN
mysql> SET SESSION time_zone = 'Asia/Tokyo';
mysql> END IF
mysql> |
mysql> DELIMITER ;
init_connectパラメータを設定

下記の通り、init_connectへ先ほど作成したプロシージャを記載します。

CALL {プロシージャ名};

rds2.jpg

以上で完成です。
この状態でRDSへログインするとrdsadmin以外のすべてのユーザにJST時刻が出力されます。

技術ブログ中の人

AWS側はRDSをUTC利用することを推奨しているため、JSTで利用して問題が発生してもサポートしてくれいないかもしれませんので、注意してください。

  • このページの先頭へ

  • 東京本社
    〒105-0001東京都港区虎ノ門2-3-22 第一秋山ビル5F
    TEL:03-3591-8887 FAX:03-3591-8886
  • 大阪本社
    〒541-0041 大阪市中央区北浜2-6-11北浜エクセルビル5F
    TEL:06-6231-8887 FAX:06-6231-8897

  • 認証範囲はこちらをご覧ください。

Denet logo

クラウドサービス・データセンタ・高機能専有サーバ・共有サーバホスティングサービス 株式会社ディーネット
dot_bar