24時間365日フルマネージドホスティングサービスのデイーネット

[技術ブログvol.32] SQLPadで簡単にクエリ発行

SQLPadとは

MySQLとPostgreSQLに対応したWEBUIがSQLPadです。
(phpMyadminのようなものと思ってください。)
導入が非常に簡単でデザインがオシャレです。

https://sqlpad.codeplex.com/

今回構築した環境

  • CentOS 6.5
  • Apache 2.2.15
  • Node.js 0.10.36
  • npm 1.4.28

Node.js、npmのインストール手順

ここは以前紹介したGHOSTと同じように導入します。

# yum -y install gcc unzip httpd
# getenforce
Enforcing
# setenforce 0
# /etc/init.d/iptables stop
# curl -sL https://rpm.nodesource.com/setup | bash -
# yum -y install nodejs
# node -v
v0.10.36
# npm -v
1.4.28

SQLPadの導入

適宜SQLPadを解凍する場所へ移動

# cd /usr/local/src

SQLPadを入手

# wget https://github.com/rickbergfalk/sqlpad/archive/master.zip

入手したzipを解凍

# unzip -uo master.zip -d sqlpad

解凍したsqlpadのディレクトリへ移動

# cd ./sqlpad/sqlpad-master

SQLPadをインストール

# npm install sqlpad -g
# npm install
# npm install nodemon -g
# npm install browserify -g
# npm install watchify -g
# npm start

SQLPadを起動

# npm start

アクセス

http://Your Domain:3000

SQLPad01.png

Foreverの設定

デーモンマネージャを利用して、SQLPadをデーモンで起動させる。

Foreverを導入

# npm install forever -g

SQLPadの起動

# forever start -c nodemon server.js --dir ./db --port 3000

(SQLPadを停止させる場合)

# forever stop server.js

SQLPadの設定

[Need to Sign up?]からログインユーザを作成します。
ログインメールアドレスとパスワードを記載し[Sign up]します。
(初回のログインユーザはAdmin権限をもったユーザとなります。)

SQLPad02.png

Usersよりユーザ情報が確認できます。
Adminユーザが追加されたことを確認しておきましょう。 SQLPad03.png

データベースの登録

データベースを登録し、接続テストをしてみましょう。
[Add New]から接続先を設定します。

SQLPad04.png

設定情報を記載し[Test Connection]から接続テストを行います。
[Success]となれば接続成功です。[Save]で設定を保存します。

SQLPad05.png

  • [Friendly Connection Name]...接続名を記載します。管理しやすい名前がいいでしょう。
  • [Database Driver]...利用しているDBを選択します。
  • [Host/Server/IP Address]...接続先のサーバIPを記載します。
  • [Port (optional)]...MySQLの接続先ポートを記載します。
  • [Database Name]...接続先のDB名を記載します。
  • [Database Username]...DBのユーザ名を記載します。
  • [Password]...パスワードを記載します。

クエリを発行しテストを実施

[New Query]よりクエリを発行できます。
左側のプルダウンより先ほど登録したDBが表示されます。
ひとまず、先ほどのDBを選択してみます。

SQLPad06.png

適当にテーブルを作成するクエリを記載し、[Run Query]で実行します。
次に[show tables;]などを実行し、テーブルが作成されたことを確認してください。

SQLPad07.png

以上が、SQLpadの導入と簡単な解説になります。

所感

こういったデザインは個人的に好きです(GHOSTも似たようなデザインですネ)。
phpMyadminでクエリを管理している方がいましたら、一度試験的に利用してみてはどうでしょうか?

技術ブログ中の人

phpMyadminのほうができることは多いですけど、オシャレな方がいいじゃない?

  • このページの先頭へ

  • 東京本社
    〒105-0001東京都港区虎ノ門2-3-22 第一秋山ビル5F
    TEL:03-3591-8887 FAX:03-3591-8886
  • 大阪本社
    〒541-0041 大阪市中央区北浜2-6-11北浜エクセルビル5F
    TEL:06-6231-8887 FAX:06-6231-8897

  • 認証範囲はこちらをご覧ください。

Denet logo

クラウドサービス・データセンタ・高機能専有サーバ・共有サーバホスティングサービス 株式会社ディーネット
dot_bar